メインイメージ

次世代加速器のリニアコライダー

今現在も新しい物理学は進歩し続けています。
最近では特に新しい粒子を発見する分野の発達が著しいと思います。
物理学に興味がある人はもちろん、物理学に全く興味のない方々にも広まってきています。
それは新聞などでも取り上げられていることからもわかると思います。
加速器の原理は簡単に言うと電子に陽電子のビームを当てることでエネルギー的に一段高いところに一回持って行ってから原子構造を変化させる設備です。
今は日本の様々な研究機関で研究が進んでいます。
その研究施設の一つの有力な候補として九州の脊振地域が注目されています。
このような地域はつくばの例もそうですが、非常に多くの研究者がひとつの場所で研究をするということによるメリットがありますのでいいことだと思います。
九州ですと研究に集中するのに十分な環境だと思います。
そのような場所で次世代加速器のリニアコライダーの研究が更に進んでいくことで、次の50年も日本は物理学でリードしていくことができると思います。
この次世代加速器の研究はそれくらい重要な研究だと思います。
脊振地域が今後もこの地域の教育や文化学術の発展を引っ張っていくためにも国際研究都市づくりの計画が順調に行くといいことだと思います。http://www.facebook.com/ILCSEFURI

http://www.bayareabirth.org/