メインイメージ

毒を持って毒を制すがモットーの元下関市長

小さなふぐがかかるとガッカリしますが、大きなふぐが釣れても困ります。というのも山口県の下関という港町で水揚高が日本一のふぐは一番の高級魚知名度ナンバーワンの魚です。有名な元下関市長はふぐの調理免許を持っているとの事ですが、ふぐは魚の中でも強烈な毒を卵巣とその他の器官に有しているために、素人が調理して万が一ふぐの毒が残っていたら、取り返しの付かない事になります。自由民主党の第四支部がある下関ではふぐの調理免許があると雇用率が高いといわれていて、日本全国に出荷される以外に、山口県内で加工される場合が多いためにその職種が求められるわけです。元下関市長も手こずったと思われるふぐの身は、見た目とは大分差があって、さっぱりした味わいです。

 

http://www.bayareabirth.org/