メインイメージ

日本の雇用環境を改善するRPAとはどのようなものか

企業の定例業務とはイノベーションの創出とはかけ離れていると言われる事があります。
ある意味ではルーティンワークになりがちな定例業務はその効率化を図ることだけが目的となる事があり、その定例業務をどのようにして短縮化するのかという事が企業にとっては大きな課題になる事があるのです。

RPAは近年注目されているロボットを使った仕事の分担方法です。
ロボットに定例業務を行わせることによって、人員に営業などのロボットには出来ない仕事を割り振ることで業務の効率化を図ります。
また、仕事の割合の負担を減らすことによって残業や休日出勤を減らしたり有給を増やすなどのワークバランスの改善を行う事が出来るため働き方改革の推進を進めることも可能なのです。

FAST RPAコボットでは人材派遣会社の定例業務にのみ特化しているという特徴を持っています。
従来、長期間の業務分析が必要とされるRPAですが、このように業務を絞り込むことによって事前にRPAを開発する事が可能になり、コストや導入プロセスを削減する事が可能になるのです。
これによってRPAを気軽に導入出来る企業が増えれば、ますます日本の雇用環境は改善されていくと予想されています。

https://www.youtube.com/watch?v=3Vdwp-w28bI

http://www.bayareabirth.org/